スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログのランキングに登録しました。クリック(1票)お願いします。
↑ブログランキングに当サイトを登録しました。
 クリックして頂けると1票入りますので、宜しくお願いします!
にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

【静岡茶】茶葉の種類

静岡茶に代表される緑茶(日本茶)について、改めて紹介致します。

主な静岡茶

 

 

以前、静岡茶の最適湯温について他国のお茶と比較して説明し、茶葉(種類)によって湯温が異なることがわかりました。

では茶葉にはどんな色・形をしているのでしょうか。

代表されるものをピックアップしてみました。

 

煎茶

 「静岡茶」種類は煎茶

日本茶の代表で最も一般的なお茶です。流通量の80~85%を占めます。
茶葉を蒸して揉みながら乾燥したもので、上級品ほどうまみや香りが良くなります。
ちなみに、茶葉を深く蒸して渋味を押さえ、マイルドな味にしたものを深蒸し茶といいます。

 

粉茶

「静岡茶」種類は粉茶  
玉露や煎茶の仕上げ過程で、粉だけを選別したお茶です。茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので、水に溶けない有効成分が効率的に摂取できるメリットもあります。しかもお茶を入れた時の色合いが鮮やかな緑色となります。

お寿司屋さんによく置いてますよね。

 

くき茶

「静岡茶」種類はくき茶

前茶や玉露を作る過程で取り除かれた茎だけを集めたもので、葉にはない独特の香ばしさが楽しめます。

中でも玉露の茎茶は「雁ヶ音」と呼ばれ珍重されているものです。

 

 

ほうじ茶

 「静岡茶」種類はほうじ茶

番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもので、食後の茶として好まれています。

よくお茶屋さんの前を通ると香ばしいお茶のにおいのすることがありませんか?それがほうじ茶です。

 

以上のような種類のお茶が日本茶にはあります。しかし大本は全て同じ木に生えている茶葉です。

ひとつのお茶が、採り方や製法の違いで何種類もの味に変化するのはおもしろいことですね。

スポンサーサイト

ブログのランキングに登録しました。クリック(1票)お願いします。
↑ブログランキングに当サイトを登録しました。
 クリックして頂けると1票入りますので、宜しくお願いします!
にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

18 : 43 : 59 | お店のご案内(お茶) | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

お茶を科学的に知る。

俗に言う「玉露60℃・煎茶80℃」が何故か知っていますか??

たくさんの人が毎日口にする日本茶について、簡単にですが、
今日は茶葉を科学的に知り、最適な湯温でお茶を淹れる事のおいしさを再認識してみたいと思います。

お茶一煎



煎茶を例に取りますが、煎茶に含まれる成分はカテキン(ポリフェノール)類・カフェイン・アミノ酸・フラボノール・ビタミンC等豊富に含まれています。その中でも特にカテキン(今回はポリフェノールと同等とする)が多く含まれています。

お茶にはこのカテキンが多く含まれているというのはよく耳にするかと思いますが、含有成分の中で意外だと思われるのがアミノ酸ではないでしょうか。

世界の”お茶”の好みとして、紅茶やウーロン茶はその「匂い」が最も重要視されていますが、日本茶については、匂いもさることながら「うまみ」の成分が尊重されています。

”お茶”の淹れ方というのは、その茶葉の持ち味を最高に出すというのに主眼が置かれていますので、「匂い」や「うまみ」の持ち味によって、”お茶”の淹れ方が変わってくるのですね。

つまり、「匂い」といった香りを重要視する紅茶やウーロン茶は、最も香りが発揚する熱湯で淹れています。
逆に「うまみ」を発揚させたい日本茶はじっくりとお湯に溶出出来るようにぬるま湯で出すのです。

もちろん「うまみ」だけでなくカテキンのような「苦味」成分との調和が取れて、本当の美味しいお茶が出来るという事もあり、日本茶の中でも種類によって淹れる湯温が変わってくるのです。

そんな訳で、玉露が60℃・煎茶が80℃の湯温で最適な味を出せると言われているのです。
といっても基本的にそう言われるだけで、茶葉にも産地や摘む時期によって最適な湯温というのは変わってくると私は考えています。
皆さんがいつもお飲みになっているお茶はどうですか??
いろいろな湯温で、味を楽しんでみてはどうでしょうか。

本目園茶店の販売ページでは、当店が扱っているお茶の最適湯温が何℃なのか、店主が思う温度というものを表記していこうと検討しております。

お茶は本当に奥が深いですね。

ブログのランキングに登録しました。クリック(1票)お願いします。
↑ブログランキングに当サイトを登録しました。
 クリックして頂けると1票入りますので、宜しくお願いします!
にほんブログ村 地域生活ブログ 静岡情報へ

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

23 : 05 : 08 | お店のご案内(お茶) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

茶っきりムスコ

Author:茶っきりムスコ



本目園茶店紹介ページへ!


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。